【性感帯】女性が責められると感じやすい身体の部位ベスト10!

アイキャッチ

女性と性行為をしていると、男性の皆さんは概ね自分の好きな部位を触ったり舐めたりして攻めることが多いかと思います。
ただ、それで自分が気持ち良くても相手がそうでなければ、性行為を楽しめているとは言い難いのではないでしょうか?
「そう言われても、女性はどこを責められると喜ばれるんだろう……?
と、疑問に思う方が多いかと思います。
胸かクリトリスを責めれば良いと思われがちですが、性感帯も性癖も女性の数だけ異なってくるので、
正解を探すのが難しいですよね。

そこで今回は、責められると感じやすい女性の部位をランキング形式で紹介していきたいと思います。

この記事を読めば、相手の女性がより満足して、
最高の性行為を体験することとなることでしょう!

性感帯ランキング

株式会社TENGAが2021年12月ごろ、20~69歳の男女1000人を対象に自身の性感帯についてアンケート調査を行ったところ、女性の性感帯に関して以下の結果が出ました。

性感帯のランキングデータ

(出典:月刊TENGA第43号)

女性器の一種であるクリトリスがおよそ半分以上を占める結果となりました。

では、ランクインされたこれらの部位について、
性行為の際の参考となるオススメの責め方などを紹介していきます。

10位:太もも

太もも

太ももは神経が通って敏感になっている部位で、
特に内側はより感じやすい箇所です。
付け根の部分をリップで責められると、
流れでクンニされるかも…?!」という警戒心から
さらに敏感になりやすく、焦らしながらねっとりと責めることで、
より快感なプレイを楽しむことができます。

9位:乳輪

乳輪

舌先や指先を駆使してやさしく責めてあげましょう。
特にローションを使用したプレイは、
摩擦を軽減出来て、快感度が増し、女性も喜ぶことでしょう。

8位:背中

背中

背中には体の部位の中で多くの範囲を占めており、神経も多く通っています。
そのため、責められると全身に気持ち良さが伝わりやすい部位でもあるのです。

以下のような責め方は特に効果があります。

  • 触れるか触れないかギリギリの距離でのフェザータッチをする
  • 背筋に沿って舐めながら首筋またはお尻へと移動する
  • キスなどで愛撫しながら背後から胸を揉む

他の部位を触りながら、背中を舐めるなどして、組み合わせながら責めていくと効果が倍増されるでしょう。

7位:口・唇

エロい唇

唇が性感帯の女性、即ちキスで性的な興奮度が上がる女性も一定数存在します。
しかし、自己主張の強いディープキスをせがむと、
ちょっと苦しい
唾液がついていてイヤ」と
女性からは冷めた印象を持たれてしまいます。
キスを行う際は、可能な限りやさしくソフトに、
愛情表現としてディープな口づけの時も
強くなりすぎないように心がけましょう。

6位:胸

女性の胸元

男性の皆様も「ここを責めなきゃ何も始まらない!」という方がほとんどでしょう。
胸と脇の下の境界線にあたる「スペンス乳腺」と呼ばれる部位は、特に感じやすいと言われています。

スペンス乳腺

前戯の際に責めると特に効果的です。
極度に力を入れすぎない程度に、優しく揉んだり舐めたりした後に、
乳首周りを責めていくと、感度がより上がるのでオススメです。

5位:膣内

性感帯3点

上記の画像の通り、女性の膣内にはいくつかの種類の性感帯が存在します。

  • Gスポット
  • クリトリス
  • ポルチオ

中でも「ポルチオ」は女性により大きな快感を与えることが出来る、
隠れた性感帯と言われています。
上の画像にもあるように、ポルチオは膣の奥の子宮口のあたりにある性感帯です。
人によって位置は異なりますが、基本的にかなり奥深くにあるため、
開発やプレイで刺激を与える際は、多くの時間を要します。

4位:耳・耳たぶ

耳たぶ

性感帯としては王道的な部位かと思われる耳や耳たぶ。
前戯の段階でも、キスの延長上で責めやすい部位となっています。
手始めにキスをする際に、優しい手つきで耳を触ったり、
耳に直接口づけたり舐めてあげたりすると、
聴覚と触覚に強い刺激を与えることが出来、非常に効果的です。
本番に入るまでのボルテージを上げるのにピッタリです。

3位:首・うなじ

うなじ

こちらも耳周りと同様、性感帯としてはオーソドックスな部位かと思います。
特に首筋周りなどはキスをしたり舐めたりして責めると、
性的な興奮度も増し、効果的です。
ただし、強く吸ったりすると痕が残るため、
相手がそれを嫌がる場合は、力加減を考慮する必要があります。
鎖骨から上にかけては、挿入をしての行為の際も同時に責めやすいのでオススメです。

2位:乳頭

乳頭

乳頭は乳首の先端部分にあたり、人差し指で押し当てると刺激を与えることが出来ます。
指で乳頭に軽く触れて撫でるようにして、そのあと指を強く押し当てます。
そこから乳首全体を舐めたりつまんだりして責めると、より効果的
です。

1位:クリトリス

開脚

クリトリスは女性器の割れ目上部に位置されている突起物であり、
今回のランキング結果からわかるように、女性がもっとも感じやすい性感帯の一つです。
感度は、男性のペニスのおよそ2倍以上と言われています。

オススメの責め方としては、最初から直接責めるより、
触れそうで触れない感覚で、周辺を責めていきましょう。
女性の方が焦りを感じ、刺激を求めるようになります。
そこから、1番感じやすいポイントを探りながら責めていくと、
最高のエクスタシーを体感させることが出来るでしょう!

まとめ

幸せな日常

というわけで、責められると感じやすい女性の部位ベスト10と、
それらの部位のおススメの責め方について紹介してきました!

今回の記事をきっかけに、
アナタと女性のセックスライフが、
満足したものに生まれ変われば幸いでございます!

愛し合う恋人

記事を書いた人

亀ちゃん
亀ちゃんプロデューサー
29歳まで童貞だった男。
初めてできた彼女とのセックスで性の快感に目覚め、そこから様々なモテ方を研究。
わずか2年で経験人数300人を超えた強者。
セックスのテクニックはもちろん、出会い方やセフレキープの仕方もお教えしていきますね。
こんなことやあんなことをチャレンジしてほしい!調べてほしい!などのリクエストはお問い合わせより気軽にどうぞ。
皆さんからのリクエスト待っています!

【性感帯】女性が責められると感じやすい身体の部位ベスト10!” に対して2件のコメントがあります。

  1. ボス より:

    やっぱりクリが1位なんや

  2. 匿名 より:

    気持ち込めればなんでもいいよ

コメントを残す